【浄水場の仕組み】

着水井
 ダムや河川から取り入れた原水が最初に導かれるところ。着水井の役割は水位変動を安定させ、浄水量をコントロールすることです。
急速かくはん池(薬品注入設備)
 浄水処理のための薬品を注入するところです。上水道に使う薬品は、水中の小さなゴミを集めて大きな固まりにする凝集剤(PAC・硫酸バンド)や、PH値を調整するためのアルカリ剤(苛性ソーダ・ソーダ灰・消石灰)、殺菌や酸化のための塩素(次亜塩素酸ソーダ)、脱臭のための活性炭などがあり、原水の組成によって薬品の種類が、水質や流量によって薬品の量が決められます。
フロック形成池
 原水の中に混ざった砂やプランクトン、バクテリアなどの不純物や汚れを大きなフロック(固まり)にして分離、除去するための池です。
沈でん池
 フロック形成池で大きなフロックとなった不純物や汚れを沈降させる池です。ここで更に、トリハロメタンとPHコントロールへの対応として、中間塩素、後苛性ソーダなどを注入して清澄水とします。
急速ろ過池
 この急速ろ過池は、これまでの工程で取り除けなかった微細な汚れをろ過清浄するための池です。
塩素注入設備
 急速ろ過池で処理された水はそのままで充分水道水として使えます。しかし、家庭に送り届ける間に浄水が汚れる可能性があります。この点を見越して塩素を混ぜ、滅菌処理をします。
配水池
 各家庭へ配水するために溜めておく倉庫です。



「水」のトップページへ戻る 水道水の実態 身体に良い水とは