トップページへ 宿六の独言 言いたい放題掲示板 会員登録


ママ
inサロンde新大阪
ここに書き綴っていく内容は、すべて実際にあった話です。登場人物も実在の人達ばかりなので、知っている方々には、より面白く感じて頂けると思います。あなたも是非一度遊びに来てください。
お 品 書 き
御馳走
ハマチが結婚
はちみつ
3バイ酢
3コのレイ
お知らせ
みおつくしビルが新大阪に完成!
わたしのサロンも新しくなりました。
気楽にお越しください。
ビルの案内を見る。



【御馳走】

みんなで食事をしたとき、誰かが「御馳走やね!」と言ったから、
私は少しとぼけて、「誰が、走り回ったの?」と訊ねてみました。
ところが、その意味が分からないので、みんなキョトンとしていた。

仕方なしに私が、「『御馳走』というのは、『走り回る』って書くのよ」と説明すると、

「なるほど!そうか。走り回ってお腹がすくから美味しく食べられるって事なのね」
と、言い出した人が約1名いました。それは、誰だったと思いますか?

「お腹をすかさなきゃ美味しく食べられない」って、失礼じゃ、あ〜りませんか!

ページのトップへ

【ハマチが結婚】

女性たちが集まると、ファッションの話に始まり、グルメや旅行の話へと展開し、
最後には、「どこかにいい男がいないかなぁ!」ということになりました。

そこで突然、Bさんが、「あ〜あ〜!あこがれていた人も結婚してしまったし、…」
と言い出したものだから、
みんなは驚いて、いっせいに、「えっ!そんな人がいたの?」と訊いてしまった!
(失礼なことだが仕方が無い。Bさんに会えば、「成る程!」と思えます。)

するとBさんが、「ほら!テレビにもよく出てくる男前の『ハマチ』っていう人が!」
と答えるものだから、ますます分からなくなって、
『ハマチ』なんて人、いた??? 『サンマ』じゃないの?」と訊き返しました。
Bさんは、「『サンマ』のようないい加減な男じゃないのよ。
貴方たちは『ハマチ』を知らないの?」と、半ば怒ったように言います。

険悪なムードになりかけたので、私がBさんに、「ところで、誰と結婚したの?」
と訊くと、Bさんが『松嶋菜々子』と答えたので、大騒ぎ!(みんな、ズッコケ!)

ページのトップへ

【はちみつ】

長野の友人からビンに入った2種類の自家製の蜂蜜を頂きました。
1つは「れんげの蜂蜜」で、もう1つは「アカシアの蜂蜜」です。
それらを不思議そうに見ていたひとみが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「蜜蜂は、れんげアカシアをどのようにして分けて入れるんかなぁ?」
こともあろうに・・・・、選りにも選って・・・・、敬美に質問してしまいました。
こんなとき、敬美ちゃんは意外と意地悪だから、答えを知っているのに、
ひとみちゃん、蜜蜂はビンの字が読めるの!?」と、からかうのです。
ますます、ひとみは分らなくなって、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「蜜蜂に字が読めるわけが無いし、・・・・・・・・・・?」と、困っていました。
そこで、私はヒントを出したつもりで、「何かが違うのよ」と言うと、・・・・・・
ひとみは、「そうか、分った! 蜂の種類が違うんだ!」と、叫びました。
すると、敬美が「それ、どういう事?」と訊くものだから、ひとみは得意そうに
れんげの蜜を吸う蜂とアカシアの蜜を吸う蜂がいるのよ」と答えます。
またまた、敬美は「蜂にも好き嫌いがあるのね!」と、からかい続けます。
ようやく、ひとみも自分が馬鹿にされていることが分り、憮然とした態度で
「そうよ!悪かったわね!」・・・・・・・・・・・・・・まるで、美川憲一でした。

(注釈) 敬美ちゃんは、からかっているなどとは夢にも思っていないのです。
自分では大真面目でも、自然に他人を馬鹿に出来る
天性があるだけです。

ページのトップへ

【3バイ酢】

私が友達から聞いてきた「嫁の愚痴話」をサロンでしていました。
その話というのは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近の若いお嫁さんて3バイ酢も知らないのよ。
「お母さん、3バイ酢を作りたいんだけど、どのスプーンで3バイ量ればいいの?」
って、聞くのよ。 呆れてしまったわ!
というものだけど、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この話を聞いていた敬美が、
「そんなことも知らないなんて、本当に呆れるわね!・・・・・・・・・
3バイ酢というのは、酢の3バイの醤油を入れるのよね!」
って、言ったものだから、
一同、目が点になってしまった。(一瞬の沈黙)

さて、皆さん、3バイ酢って、どんなものか分かりますか。

かたかな「バイ」の部分を漢字にすると1箇所だけ違う漢字になります・

ページのトップへ

【3コのレイ】

「人をお誘いするときは、三顧の礼を尽くすぐらいの気持ちが大切です。
だから、みんなもそれ位の気持ちを持ちましょう。」と話をすると、
解っていないような顔をしている子がいるので、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ところで、『三顧の礼』って、何のことか解りますか。」と尋ねてみました。

恭子が「レイが3個だから、1000のことかな」と答えたから、一同、大笑い。

隣に座っていた尚子が、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「そんなわけないよ。1000をどうするのよ。レイが3っつだから」と言いながら
両手の指で輪を作って、それを重ねて「こんな具合」と言ったものだから、
私も呆れ返って、「それじゃ、尚ちゃん。書いて見せて」と言うと、・・・・・・・・
尚子がホワイトボードに書いたものは、『大阪第一食料のマーク』でした。
!?!?!?!?!?!?!
この話には後日談があって、みんなに笑われた尚子は、家へ帰るとすぐ弟に
三顧の礼を知っているかを尋ねて、弟にまで馬鹿にされたということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・弟は『三国志』のファンだったのです。

ページのトップへ
ママへのメール
「みおつくし」の[TOP]へ