化粧品を法律面からも探究するべきだと思い、薬事法の中から化粧品に関する部分を抜粋しました。
特に「医薬部外品」って、分かり難いじゃないですか。
「薬事法」って、どんな法律ですか?
化粧品は、
どのように定義されていますか?
「医薬部外品」って、どんなものですか?
≪参考資料≫「薬事法(抜粋)」

「薬事法」って、どんな法律ですか?

「薬事法」というのは、医療及び公衆衛生に使用される医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療用具について、それらの製造、輸入、販売、貯蔵、表示及び取り扱い等について取り決めた、基本の法律です。その目的は、化粧品などの品質の確保と向上、適正な使用の確保、厳正な取り扱いの確保で、私たちの生命と健康を守るためのものです。
化粧品は、どのように定義されていますか?

薬事法で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し容貌を変え、または皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布、その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。と定義されています。
要するに、「スキンケア、ヘアーケア、メイクアップを目的にしたもの」ということです。
「医薬部外品」って、どんなものですか?

「医薬部外品」とは、「原則的に定められた使用目的があり、その目的が人または動物の疾病の予防的なものに限られ、人体に対する作用が緩和なもの」と薬事法で定めています。
ここで、注意しておきたい点は、
「医薬部外品は、使用目的が予防的なものに限られているということで、治療を目的としたものではない」ということです。治療を目的としたものは「医薬品」になります。
医薬部外品にあたるものには、薬用化粧品、浴用剤、薬用歯磨、制汗剤、育毛剤、除毛剤、染毛剤、パーマネントウェーブ剤などがあり、衛生綿類、殺虫剤、殺鼠剤も医薬部外品です。また最近、医薬品から指定変えされた外皮消毒剤、きず消毒保護剤、ひび・あかぎれ用剤、あせも・ただれ用剤、うおのめ・たこ用剤、かさつき・あれ用剤、のど清涼剤、健胃清涼剤、ビタミン・カルシウム剤、ビタミン含有保健剤なども医薬部外品です。



化粧品のトップ
ページへ戻る
化粧品の
全成分表示
化粧品の
構成成分
お肌の
仕組みと働き
理想的な
お手入れ方法
化粧の
落とし穴


≪参考資料≫
薬 事 法 (抜粋)
第一条(目的)
 この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療用具の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要性が高い医薬品及び医療用具の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

第二条(定義)
1 この法律で「医薬品」とは、・・・(省略)
  2 この法律で「医薬部外品」とは、次の各号に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって器具器械でないもの及びこれらに準ずる物で厚生大臣の指定するものをいう。ただし、医薬品を除く。
一、吐き気その他の不快感または口臭若しくは体臭の防止
二、あせも、ただれ等の防止
三、脱毛の防止、育毛または除毛
四、人または動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除または防止
  3 この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し容貌を変え、または皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、医薬品及び医薬部外品を除く。
(以下、省略)