平成13年4月から化粧品が全成分表示になります。

今までは、102種の指定成分と香料のみの表示が義務づけられていましたが、この度の薬事法の改正で、化粧品に配合されているすべての成分を表示することが義務づけられ、事前の承認制が廃止されました。
なぜ、成分を表示するの?
なぜ、表示方法を変えるの?
全成分表示で何が変わるの?
全成分表示のルールは?

なぜ、成分を表示するの?

その化粧品がどんな成分で作られているのか、ひと目で分かり、お客様が自分の嗜好に適した商品を選びやすくなります。
また、万一トラブルが起きてしまった場合でも、その要因を皮膚科専門医が判定しやすいし、要因となった成分が分かれば、お客様自身でチェックして、事前に避けることが出来るだろう。

なるほど! 成分が表示されていれば、分かりやすいわね。
どれほど良い化粧品でも、すべてのお客さんの肌に合うとは限らないものね


なぜ、表示方法を変えるの?

それには、2つの理由があります。
その1つは、今まで表示されてきた102種の指定成分以外にも、アレルギーを起こす恐れのある成分があるとして、全成分を表示すべきだという皮膚科専門医の意見もあり、その必要性が問われてきたことです。

確かに、そうですね。
指定成分が表示されている化粧品でも、アレルギーが起こるとは限らないし、逆に、指定成分が入っていない化粧品でも、アレルギーを起こす人がいることも事実ですね。

もう1つの理由は、今までは、日本で化粧品を製造または輸入して販売するためには、薬事法という法律により、1品ごとに事前の承認・許可を取らなければならなかったということです。
そのため、莫大な費用を投資し、膨大な数の資料や科学的な臨床データを揃えて審議委員会に承認してもらっていたのです。時には、承認許可をもらうのに、数年間もかかるような場合もありました。

このことが化粧品の値段を高くしている要因の1つだったようですね。それに、外国でどれほど画期的な成分が発見されたとしても、厚生労働省が承認しなければ、日本国内では発売も出来ないし、たとい、厚生労働省に承認されたとしても、それまでの期間はダメということだったのね。逆にいったん厚生労働省が承認してしまえば、外国で禁止されているようなものでも販売できるということね。

その通りです。このことは、医薬品でも問題になっているんだが、厚生労働省は、まず化粧品の分野から、問題を解決しようということなんだ。
化粧品の先進国である欧米では、早くから全成分を表示して、各メーカーが商品に対して責任を負うため、事前の承認を受ける必要がないんだ。
日本でも全成分を表示をして、情報の開示と規制緩和を図ろうというわけなんだ。


全成分表示で何が変わるの?

企業側としては、1品ごとに事前の承認を取る必要が無いので、自由に化粧品を製造または輸入し、販売できることになります。
と言っても、どんな成分を配合しても良いというわけではありません。安全性を重視するため、あらかじめ配合禁止成分や配合制限成分が規定されています。また、防腐剤や色素など、特定の成分についても配合可能な成分が指定され、規制されています。
ともあれ、より自由に化粧品を製造または輸入して販売できることになり、その分、企業の責任が問われ、安全性に一層の努力が求められることになります。

事前の承認が要らないので、新規成分を配合した化粧品が早く使えるようになるのね。
確かに、それは良いことだと思うけど、消費者にも自己責任が問われるのじゃないの?

全成分表示による情報開示を消費者がどのようにうまく利用できるかが問題ね。
そのために、消費者もある程度は勉強しなくちゃ!


全成分表示のルールは?

原則としては、化粧品に配合されている全成分の名称を表示することが義務付けられています。
ただし、例外的に、厚生労働大臣の承認を受ければ、非開示成分を「その他の成分」として表示することもできます。
表示の順番は、「配合量の多い順に記載する」と定められています。
ただし、1%以下の成分は、順不同に記載して差し支えない。

「全成分を多い順に表示する」ということですね。
ところで、成分表示は耳慣れない化学用語の羅列で、
私たちは頭が痛くなってしまいますが、どうでしょうか?

成分表示は、すべて日本語で表記されますが、どうしても頭が痛くなるような名称になってしまいます。しかし、メーカーごとに名称が異なると混乱するので、日本化粧品工業連合会が、現在承認されている化粧品原料について国際的命名法(INCI名称)との整合性をとって「成分表示名称」を決定し、統一を図っています。

折角の情報開示だもの、「頭が痛くなるから」と言って無駄にできないわ! 難しい「成分表示名称」にもチャレンジ!
と言っても、どこまでできるやら、・・・?
取り敢えず、質問の多い成分から調べていこうと思っています。


化粧品のトップ
ページへ戻る
化粧品の
構成成分
お肌の
仕組みと働き
理想的な
お手入れ方法
化粧の
落とし穴
化粧品に
関する法律


国際的命名法(International Nomenclature for Cosmetic Ingredients)
 化粧品の成分名称には、「INCI名称」という国際的な命名法があります。
 米国化粧品工業会(CTFA)が中心になって定めた、アルファベット表記による成分名称です。米国及びEUにおける化粧品の全成分表示は、原則的に「INCI名称」で表示されています。
 最近では、南米、オーストラリア、シンガポール、南アフリカなどでも採用されつつあり、日本の「表示名称」も、この「INCI名称」を基準にして、命名されています。
 化粧品の成分名称が世界的に共通化されるメリットは非常に大きく、世界中の消費者の商品選択、皮膚科専門医の理解、化粧品流通のグローバル化などに、多大な役割を果たしています。